with

あなたは、
withという恋活アプリをご存じだろうか?

facebookやtwitter等で広告が出ているので、
名前くらいは見たことがあるかもしれないが、
withメンタリストのDaigoが監修している、
恋活アプリである。

そんな、
恋活アプリwithについて、
話をしていこうと思う。

withの特徴

withの特徴として、
若い男女が多いということだ。

pairsなどの恋活アプリと比較して、
登録している年代は、
若い

具体的には、
30代40代は少なく、
20代、
その中でも20代前半が多い印象である。

その点が、
withの何よりの特徴だろう。

また、
pairsと同様に、
女性は完全無料で使用することが出来る

また、
facebook系の恋活アプリになっているため、
facebookのアカウントが無ければ、
登録することは出来ず
facebookの友達も10人以上いないと、
登録することは出来ない

withで出会うために

withで出会うためには、
とにかく、
プロフィールの充実が重要である。

具体的には、
プロフィール写真の充実

しっかりと、
恋活アプリ用に、
プロフ写真を撮り、
プロフィールを魅力的に、
仕上げる必要が有るだろう。

後は、
しっかりとサイトにログインしたり、
気になる男性には、
足跡を残したりすること。

足跡をつければ、
自分のプロフを見てもらえる可能性が高く、
プロフィールをしっかりと魅力的に作成していれば、
自ずと男性からのいいねは増える。

恋活アプリといえど、
ある程度積極的に、
行動していく必要が有るだろう。

pairsとの比較

恋活アプリで人気のpairsとの比較をしていきたいと思う。

最初にも話したが、
登録している年代層が若めなのが、
withの特徴

それと、
pairsと比較して、
登録人数が少ない
(が、普通に異性と出会うにはwithでも困らない)

後、
withの方が、
アプリが重くなく使いやすい。

サイト自体は、
pairsの方が使いやすく、
またサイトの見やすさや、
使い勝手なのは、
pairsの方が上だろう。

恋愛に対する真剣度は、
若干pairsの方が上かな、と思う。

結論

個人的な自論ではあるが、
少しでも気になった恋活アプリがあれば、
積極的に使っていった方がいい

特に女性は無料で使用することが出来るし、
facebook系の恋活アプリに関しては、
どこも親会社がしっかりしているので、
特に危険性も無い。

その恋活アプリがあなたに合わなければ、
秒速で辞めればいいだけの話だ。