videos-1240742_640 (1)

一昔前までは、
男女間のコミュニケーションにおいて、
メールが猛威を振るっていた。

しかし、
今現在、
わざわざメールアドレスで連絡を取っている人はほとんどおらず、
やはりLINEが、
男女間のコミュニケーションのメインツールであろう。

そこで今回は、
LINEの正しい使い方について、
話をしていきたいと思う。

LINEについて

この記事を読んでいて、
LINEを使ったことが無い人は、
おそらくいないと思うので、
LINE自体の説明は割愛する。

LINEにおいて、
重要なことは、
とにかく、
好き好きアピールをしないことである。

勿論、
相手とあなたとの距離感にもよるが、
好き好きアピールをしないことが、
最も重要である。

惚れた方が負け
という恋愛の格言が示すように、

恋愛は、
自分が相手に惚れていると思われた時点で、
自分に主導権が無くなり、
非常に不利になる。

もし、
あなたが彼のことが大好きであっても、
そのことを悟られてはならない

LINEは非常に気軽なコミュニケーションツールであり、
連絡を取りやすい分、
ボロも出しやすい。

確かに、
嬉しい。

意中の彼から、
LINEでメッセージが来ると、
死ぬほど嬉しい。

小躍りしてしまうほどだ。

しかし、
そんな気持ちは、
あなたの心の中にそっと収めて、

あなたがLINEを返す時は、
冷静かつ沈着に、
絶対にあなたの好意を彼に悟られてはならないのだ。

・スタンプに気合いを入れ過ぎてはダメだ
・返信に気合いを入れ過ぎてはダメだ
・長文過ぎる返信もダメだ
・すぐに既読をつけるのもダメだ
・すぐに返信し過ぎるのもダメだ
・あなたから何度も、LINEを送り過ぎるのもダメだ
・返信を強要するのもダメだ
・LINE通話をし過ぎるのもダメだ
・長時間LINE通話をするのもダメだ

以上のことを心に叩き込んで、
意中の彼とLINEをするべきだろう。

素っ気ないくらいがちょうどいい

LINEなんてのは、
素っ気ないくらいがちょうどいい

LINEに気合いをいれている女なんて、
腐るほどいる。

そんな中、
あなたは、
LINEに執着しているわけでもなく、
彼に執着しているわけでもない。

飽くまできたLINEに対して、
返信しているだけ。

そんなスタンスの女性は、
少ない。

だからこそ輝く

常に他の女との差別化を考える。

重要なことだ。